荻窪北口「宮古島食堂」で沖縄を感じる背脂まぜそばランチ

荻窪北口「宮古島食堂」で沖縄を感じる背脂まぜそばランチ

宮古島食堂 宮古島背脂まぜそば

くま子
沖縄大好きな私たち夫婦。「宮古島食堂」という名前に惹かれて、まぜそばランチに行ってきました。
ゆうくん
僕の母が沖縄出身ってこともあり、沖縄も沖縄料理も大好きなんですー^^

まぜそばがメインの食堂「宮古島食堂」

宮古島食堂は、荻窪駅北口からすぐ。荻窪銀座街の路地にある小さな食堂です。

青梅街道沿いの道にも案内看板が出ています。

宮古島食堂の看板

去年の3月にオープンして、先日1周年を迎えたそうです。

何度か前を通っていて気になっていたのですが、ようやくランチに行ってきました(/・ω・)/

まぜそばなどのメニューは700円~☆

宮古島食堂ランチメニュー

こちらが宮古島食堂のメニューです。

  • 当店発祥の宮古島背脂まぜそば 750円
  • 宮古そば 700円
  • 母担々(かぁたんたん)そば 850円
  • 母担々(かぁたんたん)まぜそば 850円

など。あとタコライス800円も気になりました。

宮古島食堂ビール

旦那さんがランチ(小)ビール(300円)を注文。

ゆうくん
小ビールといいつつ、ちゃんと量があって嬉しい!

私はビールを頼まなかったのですが、「お冷は水と炭酸水どちらが良いですか?」と聞かれました。炭酸水選べるの、なんか良いですね。

宮古島食堂コースター

コースターかわいい。

宮古島食堂コースター

宮古島背脂まぜそば(750円)が到着!
宮古島食堂 宮古島背脂まぜそば
麺をちゃんと写せばよかった…すみません。麺は沖縄そばの太麺です。でもしっかりと味が絡まって美味しい。相当美味しい。

荻窪でまぜそばと言えば、南口の「旅人の木」のまぜそばですが、「旅人の木」に匹敵するぐらい、めちゃくちゃうまい。コショウが効いていて香ばしいです。

旦那さんは、母坦々まぜそば(850円)を注文。宮古島食堂のまぜそば

坦々麺のまぜそばで、こちらも沖縄そばの太麺です。甘辛とありましたが、結構ちゃんと辛い(私は辛さに耐性がないので)。

まぜそばをほぐれやすくするためのスープをくれました。

宮古島食堂 お湯

このスープがまた、これだけで飲んでも美味しい。だしが効いている。蕎麦湯みたいなものなのかな。

そして、まぜそばにはお好みで、半ライスが付きます。店主さんから「好きなタイミングで声かけてください」と言われたので、旦那さんは後半に頼んでました。

↓写真撮り忘れちゃって途中で撮ったやつです(すみません)。

宮古島食堂 半ライス

半ライスが付くし、プラス100円でそばを大盛りにもできるので、いっぱい食べたい男性にもオススメです。

店内はまさに沖縄の雰囲気

宮古島食堂 内装

宮古島食堂は、カウンター5席のお店。奥には4人ほど座れるお座敷2席もありました。

宮古島食堂 内装

テーブルの上には、島とうがらしの調味料も。

宮古島食堂 泡盛

カウンターの上には「琉球王朝」と書かれたボトルとカメの泡盛も。お祝いなのかしら?

夜は「宮古島食堂」から「坊千良(ぼうちら)」と名前を変えて、沖縄居酒屋になるんだとか。23時まで営業してるということなので、今度ふらっと夜にも訪ねてみたいです。

「宮古島食堂」店舗情報

※夜は「坊千良」として営業

店名 宮古島食堂
住所 東京都杉並区上荻1-4-9
地図 荻窪駅北口から徒歩3分くらい

TEL 03-6325-7263
営業時間 [月~金]11:00~14:00 [日・祝] 12:00~23:00
定休日:土曜日
この記事の内容は、2018年4月当時のものです。現在とは異なっている場合がございますので、ご注意ください。

 

Twitter で荻窪LOVERをフォローしよう!

グルメカテゴリの最新記事